Translations:Integrated development environment/13/ja

From IDE Collections
Revision as of 02:47, 9 August 2014 by Jun Kato (talk | contribs)
(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to navigationJump to search

1990年代はプログラミングがより複雑で面倒なタスクになった時代です。例えば、GUIを文字だけで開発するのは簡単ではありません。そこで、1991年にリリースされたVisual Basic 1.0は、グラフィカルなGUIビルダを文字ベースのIDEに組み込みました。これによって、プログラマはインタフェースのデザインと機能の実装の間をシームレスに行き来することが可能になりました。1995年には、LiebermanがノーマンのGulf of execution and evaluationという概念<ref>

Donald A. Norman, Stephen W. Draper. User Centered System Design; New Perspectives on Human-Computer Interaction

L. Erlbaum Associates Inc., Hillsdale, NJ, USA, 1986. [URL] [BibTeX]

</ref>をプログラミングに適用しました。静的な文字ベースのソースコードから動的なプログラムの振る舞いを理解することの難しさを指摘した<ref name="lieberman1995bridge">

Henry Lieberman, Christopher Fry. Bridging the gulf between code and behavior in programming

Proceedings of the SIGCHI Conference on Human Factors in Computing Systems, pp.480-486, New York, NY, USA, 1995. [URL] [BibTeX]

</ref>のです。そして、この問題を解決するためにZStepというIDEに組み込まれたビジュアルなデバッガを提案しました。これは、プログラムのソースコード中の表現とその出力の間の関係を、プログラム実行中に可視化するものです。