Translations:Integrated development environment/17/ja

From IDE Collections
Revision as of 02:47, 9 August 2014 by Jun Kato (talk | contribs)
(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to navigationJump to search
  1. インターネット はプログラマ同士の協業の方法を広げました。また、オープンソースの技術を劇的に増加させました。例えば、IDEの利用履歴を匿名化して収集し、分析して活用することで使い勝手の向上を狙ったり、インターネット越しの共同作業を支援することができるようになりました。
  2. プログラムの種類 はこれまでにない速度で継続的に増えています。とくに、カメラを利用したインタラクティブなアプリケーションやロボットアプリケーションのような、物理的なインタラクションを含むプログラムの活用が増加しています。このようなプログラムを開発する際は、ツールによる支援やIDEの改善が必要になります。
  3. 技術の進歩 によってIDEの拡張が容易になりました。拡張用フレームワークが整備され、IDEがオープンソースで配布されるようになり、プログラミング言語の機能が向上してリフレクションAPIのようにプログラムを改変するための機能を容易に追加できるようになりました。このような技術の進歩により、プログラマは、既存のIDEが提供する機能はそのままに、改善点だけに集中できるようになりました。