Difference between revisions of "Translations:Integrated development environment/6/ja"

From IDE Collections
Jump to navigationJump to search
(Created page with "エンドユーザは通常、プログラムを与えられた状態のまま使用します。したがって、エンドユーザは自分の意図をプログラムのコ...")
 
(No difference)

Latest revision as of 01:08, 9 August 2014

Information about message (contribute)

This message has no documentation. If you know where or how this message is used, you can help other translators by adding documentation to this message.

Message definition (Integrated development environment)
The end-user typically uses a program as it is. Therefore, they must map their intention to existing commands, and often must repeat such commands many times. To avoid such tedium, they may wish to create, modify or extend existing programs. End-user programming is a research topic that addresses many of the difficulties that such end-users and novice programmers have with programming. We can identify two approaches: one is to make programming easier, and the other is to eliminate explicit programming completely. For instance, research into structured text editors and visual programming falls into the first category and research on programming by example falls into the second category. These are described in [[:Category:Visual programming]] and [[:Category:Programming by example]]. The taxonomy is explained well in Myer's survey paper<ref><bibtex>
@INPROCEEDINGS{myers1986taxonomy,
  author = {Myers, Brad A.},
  title = {Visual programming, programming by example, and program visualization:
a taxonomy},
  booktitle = {Proceedings of the SIGCHI Conference on Human Factors in Computing
Systems},
  year = {1986},
  series = {CHI '86},
  pages = {59--66},
  address = {New York, NY, USA},
  publisher = {ACM},
  acmid = {22349},
  doi = {10.1145/22627.22349},
  isbn = {0-89791-180-6},
  location = {Boston, Massachusetts, USA},
  numpages = {8},
  url = {http://doi.acm.org/10.1145/22627.22349}
}
</bibtex></ref>.
Translationエンドユーザは通常、プログラムを与えられた状態のまま使用します。したがって、エンドユーザは自分の意図をプログラムのコマンド列に置き換えて考え、しばしばコマンドを何回も繰り返す必要に迫られます。そのような面倒を避けるために、プログラムを作ったり、編集したり、拡張したいという欲求が生まれます。エンドユーザプログラミングは、そのような欲求を持ったエンドユーザやプログラミング初心者が直面するさまざまな課題に応える研究分野です。その方針は、大まかに2つに分けられます。ひとつはプログラミングを簡単にすることで、もうひとつは、いわゆるプログラミングそのものをなくしてしまうことです。例えば、構造化エディタやVisual Programmingに関する研究はひとつめ、Programming by Exampleに関する研究はふたつめの方針に沿った研究といえます。それぞれに関する詳細な説明は[[:Category:Visual programming]]と[[:Category:Programming by example]]に載せてあります。これらの用語の使い分けについては、Myerらのサーベイ論文<ref><bibtex>
@INPROCEEDINGS{myers1986taxonomy,
  author = {Myers, Brad A.},
  title = {Visual programming, programming by example, and program visualization:
a taxonomy},
  booktitle = {Proceedings of the SIGCHI Conference on Human Factors in Computing
Systems},
  year = {1986},
  series = {CHI '86},
  pages = {59--66},
  address = {New York, NY, USA},
  publisher = {ACM},
  acmid = {22349},
  doi = {10.1145/22627.22349},
  isbn = {0-89791-180-6},
  location = {Boston, Massachusetts, USA},
  numpages = {8},
  url = {http://doi.acm.org/10.1145/22627.22349}
}
</bibtex></ref>を読むと詳しく書いてあります。

エンドユーザは通常、プログラムを与えられた状態のまま使用します。したがって、エンドユーザは自分の意図をプログラムのコマンド列に置き換えて考え、しばしばコマンドを何回も繰り返す必要に迫られます。そのような面倒を避けるために、プログラムを作ったり、編集したり、拡張したいという欲求が生まれます。エンドユーザプログラミングは、そのような欲求を持ったエンドユーザやプログラミング初心者が直面するさまざまな課題に応える研究分野です。その方針は、大まかに2つに分けられます。ひとつはプログラミングを簡単にすることで、もうひとつは、いわゆるプログラミングそのものをなくしてしまうことです。例えば、構造化エディタやVisual Programmingに関する研究はひとつめ、Programming by Exampleに関する研究はふたつめの方針に沿った研究といえます。それぞれに関する詳細な説明はCategory:Visual programmingCategory:Programming by exampleに載せてあります。これらの用語の使い分けについては、Myerらのサーベイ論文<ref> Brad A. Myers. Visual programming, programming by example, and program visualization:

a taxonomy

Proceedings of the SIGCHI Conference on Human Factors in Computing Systems, pp.59-66, New York, NY, USA, 1986. [URL] [BibTeX]

</ref>を読むと詳しく書いてあります。